北タイ取材記 : バイオレンス・チェンマイ その2 超おっかない古本屋さん

気むずかしい店って世界中にあるんですね。ということで、古都チェンマイにもありました。

IMG_0869+ IMG_0870+ IMG_0975+ IMG_0976+ IMG_0977+ IMG_0978+ IMG_0979+ IMG_0980+ IMG_0982+
Slide 1
Slide 2
Slide 3
Slide 4
Slide 5
Slide 6
Slide 7
Slide 8
Slide 9

古都チェンマイ。おだやかで、雄大で、静かで、小鳥のさえずるイメージが浮かんでしまいますが、薄皮一枚ひっぺがすと、バイオレンスな裏の顔が見えてきます──。

チェンマイ滞在中、同行した本因坊記者が不平を述べました。

「あんたが予約したホテルは高すぎる。僕はもっとリーズナブルな宿を探します」
「どうぞご勝手に!」

仲間割れの危機ですが、そこは大人ですから、私も安宿探しに付き合いました。一軒、二軒……想像した通り、中心部のホテルはやはり高い。でも、いい歳こいた大人がドミトリーとか泊まるのも抵抗あるしなぁ。ていうか、ドミトリーなんてあるのか?

行けども行けども満足できず、いい加減うんざりした頃、ふらりと入った某ホテル。あえて名前は書きませんが、私が予約したホテルとほぼ同じ設備で、値段は約四割引。本因坊の顔がほころびます。で、いきなりチェックインしようとする彼を止め、まず部屋を見たほうがいいんじゃないか? と忠告しました。

鍵を持った掃除のおばさんについて三階へ上がります。はい。エレベーター降りた瞬間、言葉を失いました。理由は画像をご覧ください。なんだこりゃ? 私の頭に浮かんだ単語、それは「ブリズン・ブレイク」でした。一体誰が設計したんだか……。

心に傷を負った本因坊はホテル探しを断念。敗者気分で散歩です。ターペー門目指してとぼとぼと歩いていると、一軒の古本屋が目に入りました。長期滞在の外国人が多いチェンマイには古本屋が多いのですが、日本語の本を揃える店も少なくありません。

本好きの私はにょろにょろと入口脇のワゴンに近づき、そこに貼られた小さな注意書きを見て凍りつきました。注意書きには日本語でこう書いてありました。

「出入口につき、他のお客様のジャマにならない様にお願いします」

「買う気のない人は、さわらないで下さい!」

「ブツブツと、ひとりごとを言わないでください」

「立ち止まらない!」

立ち読みどころか、立ち止まることすら許されないとは……。逃げるようにその場を立ち去ったのは言うまでもありません。チェンマイ、油断できない町です。
(文・クーロン黒沢)

大体の場所です

大きな地図で見る



“北タイ取材記 : バイオレンス・チェンマイ その2 超おっかない古本屋さん” への1件のコメント

  1. @Crampon12 より:

    北タイ取材記 : バイオレンス・チェンマイ その2 超おっかない古本屋さん http://t.co/Hb4unguu1s

コメントを残す