北タイ取材記 : チェンマイ中古市場潜入・後編 日本軍兵士コボリさんと出会う

北タイを巡り、ハートウォーミングな出会いをお伝えするコラム。今日のゲストは元日本兵デース。

IMG_1210+ IMG_1211+ IMG_1213+ IMG_1238+ IMG_1239+ IMG_1246+ IMG_1248+ IMG_1249+ IMG_1250+ IMG_1251+ IMG_1252+
Slide 1
Slide 2
Slide 3
Slide 4
Slide 5
Slide 6
Slide 7
Slide 8
Slide 9
Slide 10
Slide 11

前回、チェンマイ中古市場に潜り込んで、奇っ怪な販売物に度肝を抜かれた私。

そんな私、実はチェンマイ到着直後から、通称「コボリさん」と呼ばれている一部で有名なお方を探し続けていました。

コボリさんとは、旧日本軍兵士(陸軍、海軍、憲兵など、幾つかパターンがあるらしい)の扮装で普通に生活されているタイ人。タイの人気俳優が日本人青年将校「小堀」を演じた「クーカム」という人気映画に影響され、これからの人生、コボリとして生きて行くことを決心。でも、どういうわけか将校ではなく兵卒の格好が好きだったりもする、慎ましくも勇気ある伝説の男。

若いのか歳くってるのか年齢不詳とか、10年以上前から日本兵コスプレ生活を続けているとか、親の経営するアパートの管理人をして小遣いを貰ってるとか、暴飲暴食で痛風持ちとか、新しいテクノロジーが苦手でケータイもほとんど使えないとか、バイクも車も運転できないだとか、チェンマイ滞在に備え、コボリさんに関する断片情報をむらなく集め続けた私。

信頼のおける情報筋から聞いた「コボリさんが日本語のフリーペーパーをもらいに行くデパート」をうろうろしたり、「コボリさんが良く行く日本人経営のカフェ」に日参したり(なぜか三日連続休業だった!)、さんざん努力するも接点は生まれず憔悴しきっていたのですが、天は見放さなかったようです。

そう、いままさに、皇軍兵士の格好をした小柄な男が、私の目の前を通りすぎようとしました。えーっ!

「コボリさんですか!?」
「はい……」

実物のコボリさんはとても寡黙な人でした。日本語を話すのが単に億劫だったからかもしれませんが、写真撮影にも快く応じてくれまして、お礼を言うと敬礼して去っていきました。

町中、中国人観光客だらけのチェンマイ。こんなヤバすぎる格好で歩いた日には、方々で叫ばれたり罵られたり、詰め寄られることもあったでしょう。だから元気が無かったのかもしれません。私が上官だったら喝を入れてあげたいところですが、これからも続けてもらいたい。そんな気がします。
(文・クーロン黒沢)

チェンマイ中古市場

大きな地図で見る



コメントを残す