360° 伝説の部屋を探して:サイレンが鳴り響く部屋 [email protected]

[email protected][email protected]ジン シックスサマナの提供でお送りします。

KTX

ktd 45歳 デザイナー
林立する韓国系霊媒師やウリスト協会、サイエントロジーのビルに囲まれた、新宿歌舞伎町の一角にある不穏なマンション。ここに、アーケードゲームとプロレスを語らせたら3時間は黙らないデザイナー・ktd氏の秘密基地がある。
生活空間のかなりを占領するアーケードゲーム筐体。しかも、縦画面用と横画面用の二台持ち。壁の本棚は古今東西のサブカル本やDVDがぎっしり。眺めていると、古のサブカル戦国時代を描いた屏風絵を見ているような気さえして……。それはさておき、今回、私の不注意でレンズにゴミが付着、一部の写真に写り込んでしまった。ショック! 謹んでお詫びします。それはそうと、撮影中もひっきりなしに聴こえるパトカーのサイレン。季節の変わり目になると、下の歩道が鮮血で真っ赤に染まることも珍しくないとか。それでも地価は一向に下がらない不思議な町。

迫力のフルスクリーン対応版はこちら

[email protected] #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA


存在感のある二台のアーケード筐体。コレクションのゲーム基盤はドアの向こうの廊下に収納されている。この筐体を入れるためわざわざ部屋のドアを外し、そのさい事故で大怪我したそうな。

迫力のフルスクリーン対応版はこちら

[email protected] #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA


DVDと本(とゲーム)の趣味は自分とほんのりかぶっている。一瞬、自宅の本棚を見ているような錯覚をおぼえた。

迫力のフルスクリーン対応版はこちら

[email protected] #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA


「一人暮らしの男でも歌舞伎町なら孤独を感じずに住める」

「360° 伝説の部屋を探して」では、カッコいいだけじゃない「モノホンの部屋」を記録する活動を行っています。自薦・他薦は問いません。すばらしい部屋を歴史に残そう! タレコミは こちら から!

撮影にはこのカメラを使用した:

こちらの記事もどうぞ



“360° 伝説の部屋を探して:サイレンが鳴り響く部屋 [email protected]” への4件のフィードバック

  1. 360° 伝説の部屋を探して:サイレンが鳴り響く部屋 [email protected] https://t.co/nl6MscYxl0

  2. @_David_Watts より:

    360° 伝説の部屋を探して:サイレンが鳴り響く部屋 [email protected], Tokyo https://t.co/QhftjE4Jmd

  3. @urashinjuku より:

    なぜかカルカッタレコードの商品がビデオ棚に!/360° 伝説の部屋を探して:サイレンが鳴り響く部屋 [email protected], Tokyo « シックスサマナ https://t.co/MaYiGdzMha

  4. 360° 伝説の部屋を探して:サイレンが鳴り響く部屋 [email protected], Tokyo https://t.co/aC5LYhFiWi

コメントを残す