閲覧注意 : マレーシアから来た性の伝道師 直撃インタビュー

オールドマーケット付近を散歩中、お腹が空いて近くのマレーシア食堂に入りました。

IMG_3417+ IMG_3421+ IMG_3403+ IMG_3384+ IMG_3422+ IMG_3419+ IMG_3385+ IMG_3380+ IMG_3414+ IMG_3416+ IMG_3455+ IMG_3450+ IMG_3449+ IMG_3446+ IMG_3444+ IMG_3442+ IMG_3438+ IMG_3437+ IMG_3436+ IMG_3432+ IMG_3431+ IMG_3429+ IMG_3427+ IMG_3424+ IMG_3423+ IMG_3418+ IMG_3410+ IMG_3409+ IMG_3407+ IMG_3406+ IMG_3405+ IMG_3404+ IMG_3391+ IMG_3402+ IMG_3401+ IMG_3399+ IMG_3395+ IMG_3392+
Slide 1
Slide 2
Slide 3
Slide 4
Slide 5
Slide 6
Slide 7
Slide 8
Slide 9
Slide 10
Slide 11
Slide 12
Slide 13
Slide 14
Slide 15
Slide 16
Slide 17
Slide 18
Slide 19
Slide 20
Slide 21
Slide 22
Slide 23
Slide 24
Slide 25
Slide 26
Slide 27
Slide 28
Slide 29
Slide 30
Slide 31
Slide 32
Slide 33
Slide 34
Slide 35
Slide 36
Slide 37
Slide 38

どうということはない普通のお店でしたが、このお店を仕切るマレーシア人の老店主、実は「性の魔術師」だったのです。今回は大人向けの記事なので、良い子はいますぐPCの電源を落としましょう。

きっかけはコーヒーでした。

普通のコーヒーと、元気になるコーヒー、どっちだい?

ずんぐりしたナマズ顔の店主(御年70歳)がにやけながら訊ねました。意味がわからず聞き返すと、マレーシアから運んできた「特別調合」のコーヒーがあり、飲めば下半身が元気になるんだとか。

そんなもの、昼から元気にしても仕方ないので普通のコーヒーを頼むと、店主は残念そうに腰を下ろしましたが、このやりとりがきっかけで、彼の「本当の職業」を知ることになります。

建設会社や旅行代理店も経営しとるが……

そうつぶやいて、名刺をくれた店主。顕微鏡を使わないと見えないような字で、名刺の両面に色々な会社名と肩書きがびっしり記してあります。よくわからないけど、偉い人のようです。

色々やっとるがね……。私の本当の仕事はセックス・カウンセラー。ほれ

と、カバンから雑誌の切り抜きを取り出します。丁寧にパウチされたそれは、ローカル新聞のインタビュー記事。謎の薬草を振り上げる店主がでかでか印刷されたそれには、”Massaging back your sex life” という見出しがついています。店主の名は、アハマド・ノール・モハメド・ハイダー。おそらく、この国唯一のセックスカウンセラーです。

私が興味を示したと見るや、店の奥へいざなうハイダー氏。目の前の冷蔵庫を両手でがしっと抱きかかえ、ズリ、ズリッ、ズリッ。横にずらします。すると冷蔵庫後ろの棚に、黒液がなみなみ入ったステンレストレーが──。

漢方系の異臭漂うオイリーな液の中には、乾燥アルマジロみたいな、不気味な物体が漬け込んでありました。ハイダー氏特製の「秘薬」だそうですが、何故冷蔵庫の裏に隠してあるのか? 氏は多くを語りませんでしたが、法律的な問題かと。

これか、ドバイから取り寄せたデザート・クロコダイルをハーブ液につけたものだ。こいつをつけて、マッサージするんじゃ。継ぎ足し継ぎ足し10年間。秘伝のタレだ。

アフリカの砂漠地帯に住むという「砂漠ワニ(とても高価らしい)」を漬け込んだマッサージ液。小瓶で販売もしていて、値段はひと瓶15ドル程。ほぼ実費で、利益を乗せるつもりはないそうです。

わしの活動はチャリティだ。金はいらん。マレーシア、インドネシア、カンボジア、アメリカ……。顧客は世界中におる。いいかね、セックスには三つの種類がある。イクッ! イクッ! これが死のセックス。次に生殖のためのセックス。わしは健康セックスと呼んでいる。最後に、病気を治療するためのセックス──。

趣味の活動であることは分かったけど、すみません。あとは意味がさっぱり……。

性機能が弱まったと感じたら、これ(例の砂漠ワニ液)を手につけて、あれをマッサージすればええ。どこかって? ああ、ペ✕スじゃよ! ペ✕ス!

奥さんらしきマレー人と、16〜17歳と思われる小娘のウェイトレス(カンボジア人)が忙しく働いているすぐ脇で、衝撃の単語を叫ぶケーシー高峰似の老人。知ってか知らずか、気を遣ってるのか呆れてるのか、彼女たちは無関心をきめこみ、我々を見もしません。

御大自ら、毎日欠かさず深夜三時から朝六時まで、三時間もかけていじくり回すそうで、このため氏の生活は昼夜逆転。寝るのは朝六時過ぎ、起きるのは昼過ぎ。仕事中も、気が向けば部屋に篭って二、三時間のマッサージを実践するそうな……。それでいて「接して漏らさず」を厳しく実践するのが長寿と健康の秘訣だそうで、道教的思想の持ち主でもあるようです。

こんな生活を何十年も続けた結果、妻は三人、愛人の数は何と四百人!

質素な店にも関わらず、取材中も羽振りのよさそうなマレー人が次々と食事にやってきては、ハイダー氏と親しげに挨拶を交わします。氏のイスラム人脈、侮れません。

幼少期は貧しかったが、ミュージシャンや俳優もやっとった。人間、謙虚が一番。謙虚でなければ、人はついてこない。

素敵な人生訓をたれたかと思えば、

チート ミー! みんながわしを騙そうとする!

最後に発した短い言葉が印象的でした。過去に一体何が……?
(取材・シックスサマナ特別取材班 撮影・木村五衛兵)



“閲覧注意 : マレーシアから来た性の伝道師 直撃インタビュー” への2件のフィードバック

  1. 閲覧注意 : マレーシアから来た性の伝道師 直撃インタビュー http://t.co/EcgYjl8k

コメントを残す