わがままなあなたに、何でも入れ放題のセルフ鍋屋に行ってみた

好きなモノを好きなだけ召し上がれ! セルフ給仕のクメール鍋屋に行って来たよ!

1 2
Slide 1
Slide 2

カンボジア人の好きなもの、それは鍋、なんといっても鍋! 鍋と女があれば他に何もいらない!と、誰かさんが言ったとか言わなかったとか。

そうなんです、カンボジアのようなクソ暑い国の国民も鍋が好きなんですね~。当地の鍋はビーフや魚など、スープも多彩。そんなクメール鍋屋で自分の好きな具を好きなだけ選べる新感覚のお店を発見しましたよ。

そのお店「プテア・ユーン・スキスープ(わたしの家のスキスープ)」はシハヌーク通りを横に入った若干わかりにくい場所にあります。店先ではハマグリを焼いていて、香ばしい匂いが漂ってきます。

ここの特徴はセルフサービス。好きな具材を好きなだけ入れられます。何を入れようが誰も文句は言いません。スープは無料。具材は野菜が一皿800リエル、お肉や練り物が2000リエルと激安。その他、黄色や緑の麺、卵なんかも揃ってました。

好みの具材を好きなだけ取って席につくと、その都度、店員さんが来て計算してくれます。拙者、野菜、肉、麺などをバランスよく取っていざ鍋開始。煮えるのを待つ間、焼きハマグリもいただきましょう。薬味の乗った熱々プリプリのハマグリは、若干の強めの塩気と相まってメチャクチャ美味い。大粒のはまぐりが5つで5000リエルは安い!

スープもきちんとダシが出ています。鍋の締めに炭水化物を入れるのは日本と同じ。今回は麺を入れましたが、スープの旨味を吸って最高です。以上、お腹いっぱい食べて1人4ドルちょっとでした。
(文・木村五兵衛)



コメントを残す